ビオスフェールとは

「全ての人に健やかな肌を」

そのためにあらゆることをしたい。そんな想いからオーガニックスキンケアブランド「ビオスフェール」は誕生しました。

ビオスフェールはただのオーガニックスキンケアブランドではありません。原材料を育む土地へ農薬や化学肥料を一切使わないことは当たり前。堆肥として利用されるのは「鳩の糞」。その鳩の餌にもオーガニックハーブを使い、土地に一切の化学物質を出さない「無農薬地域循環農業」で育まれた特別な原材料を使用しています。

自然の力だけで作ったオーガニックスキンケア製品は、その場しのぎの美しさではなく、人本来が持つ美しさを引き出し、育みます。

「全ての人に健やかな肌を」

それがビオスフェールの願いです。

ビオスフェール「Biosphere」の名前の由来

フランス語でbioは「有機」、sphereは「球体」を意味します。「有機体の存在する球体」、すなわち「地球」を表現しています。我々はビオスフェールを通じて、すべてが地球へ還元されて、そしてその恩恵を私たちが享受する循環型のスキンケアを提案したい。そんな思いでビオスフェール「Biosphere」という名前をつけました。